トップギャラリー作品展>「剪画と灯り」 
トップ
ギャラリー
20 作品展
ギャラリーについて
ご利用のご案内
「剪画と灯り」 「剪画と灯り」

2007年
9月28日(金)
〜11月11日(日)

木〜日 開廊
月・火・水 休廊
 以前から剪画と光の組み合わせには興味があり、剪画を使った照明をテーマにしてみたいと思っていました。2006年の日本剪画協会の研修会で、何名かの会員による「剪画を使った照明」の発表を聞き、その思いを強くしました。ギャラリーの企画として会員に話したところ、多くの方々が興味を持って少しずつ実験を始めて下さり、今回の作品展が実現することとなりました。
 光に照らし出された黒い和紙の影はとても美しく、光の当て方や色和紙との組み合わせによって様々な表情を見せてくれます。照明の台を購入したり、作成したり、通常の作品を創作する作業とはまた違った手順が必要となりますが、集まった作品はどれも工夫をこらした楽しいものばかりです。
 初めての試みで作品の制作・展示、ともにまだ試みの段階ではありますが、作品展のテーマの1つとして今後も続けてゆきたいと思っております。
 皆様の率直なご意見、ご感想を伺うことができましたらば幸いに存じます。
販売
作品の販売
剪画用品の販売
絵はがき・書籍等
お申込み方法
展示風景1 展示風景2 展示風景3
展示風景1 展示風景2 展示風景3
剪画講座
剪画教室
ワークショップ
インフォメーション
アクセス
サイトマップ
リンク
剪画アート&スペースの日々
8
日本剪画協会ホームページ
切紙x℃ ホームページ
English Top Page
 額装作品
(蟹)→カニ セミノヌケガラとカタツムリ カブトムシ(飛ぶ) ゲンソウ(幻想)
0709-A001
(蟹)→カニ
鈴木 桂四郎

650×840mm

0709-A002
セミノヌケガラとカタツムリ
鈴木 桂四郎

185×235mm

0709-A003
カブトムシ(飛ぶ)
鈴木 桂四郎

225×285mm

0709-A004
ゲンソウ(幻想)
鈴木 桂四郎

123×164mm

虫の声 蛍ノ光 十二支 ウサギ
0709-A005
虫の声
鈴木 桂四郎

130×130×240mm

0709-A006
蛍ノ光
鈴木 桂四郎

75×75×285mm

0709-A007
十二支
鈴木 桂四郎

110×100×280mm

0709-A008
ウサギ
鈴木 桂四郎

155×160×200mm

二人 つわぶき 万年竹 自然界の循環
0709-A009
二人
小沢 直平

180×180×420mm

0709-A010
つわぶき
大月 透
150×200mm

0709-A011
万年竹
大月 透
170×170×210mm

0709-A012
自然界の循環
結城 公子

320×160×450mm

海底 清澄庭園(江東区) light breeze I light breeze II
0709-A013
海底
岡崎 純子

400×500×500mm

0709-A014
清澄庭園(江東区)
森下 ひろき
360×230×240mm


0709-A015
light breeze I
吉田 健嗣

100×100×250mm

0709-A015
light breeze II
吉田 健嗣

100×100×250mm

セントアンドリュースのウッズ
秋のたたずまい I 秋のたたずまい II “たまや〜”
0709-A017
セントアンドリュースのウッズ
糟谷 南海彦

140×140×335mm

0709-A018
秋のたたずまい I
糟谷 南海彦

800×1400mm

0709-A019
秋のたたずまい II
糟谷 南海彦

800×1400mm

0709-A020
“たまや〜”
広瀬 正幸

175×225×285mm

龍鳳 花燈 月のひかり
0709-A021
龍鳳
Sab
250×250×280mm

0709-A022
花燈
Kim Kum Ok
185×185×345mm

0709-A023
月のひかり
小野寺 マヤノ
220×220×110mm

 色紙作品
灯火 一筋 光明 白月
0709-B001
灯火
小沢 直平
242×272mm

0709-B002
一筋
小沢 直平
242×272mm

0709-B003
光明
小沢 直平
242×272mm

0709-B004
白月
小沢 直平
242×272mm