Senga Art & Space
トップ販売剪画用品の販売剪画を楽しむグッズ>熱転写紙の使い方 
トップ
ギャラリー
20 作品展
ギャラリーについて
ご利用のご案内
販売
作品の販売
剪画用品の販売
絵はがき・書籍等
お申込み方法
剪画講座
剪画教室
ワークショップ
インフォメーション
アクセス
サイトマップ
リンク
剪画アート&スペースの日々
8
日本剪画協会ホームページ
切紙x℃ ホームページ
English Top Page

熱転写紙の使い方

   熱転写グッズ剪画制作セットカレンダー台紙
   お申し込み方法FAXフォーム(HTML)

写真  手順
[写真] 下絵を転写シートの裏側にホチキスでとめ、ナイフで図柄を切り抜きます。
[写真] 転写するTシャツにあらかじめ軽くアイロンをかけておきます。アイロンはスチームが出ないように設定して下さい。
絵柄の色面をTシャツ側に押しあて、上からトレーシングペーパーや、キッチンペーパーなどの薄い紙を置き、少し力を入れてアイロンをかけます。
アイロンの温度は高温180度で20秒が目安です。
[写真] 紙とTシャツが冷めるのを待ってから、Tシャツに付いている紙をゆっくりとはがします。
[写真] シリコンシート(黄色いシート)のつるつるした面をTシャツにプリントした絵柄の上に載せ、上からアイロンをかけます。
アイロンは中温にして約15秒くらいかけて下さい。
シリコンシートは10回〜30回位まで使用できます。(現在シリコンシートは白いシートになりましたが、写真ではわかりにくいため黄色のものをつかっています。)
[写真] 冷めたらシリコンシートを静かにはがして、完成です。
↑ページトップへ
Copyright(c) 2005 Senga Art & Space All rights reserved.Logo