Senga Art & Space
トップ販売剪画用品の販売剪画を楽しむためのグッズ>熱圧着和紙の使い方 
トップ
ギャラリー
20 作品展
ギャラリーについて
ご利用のご案内
販売
作品の販売
剪画用品の販売
絵はがき・書籍等
お申込み方法
剪画講座
剪画教室
ワークショップ
インフォメーション
アクセス
サイトマップ
リンク
剪画アート&スペースの日々
8
日本剪画協会ホームページ
切紙x℃ ホームページ
English Top Page

熱圧着和紙の使い方

   剪画用和紙熱圧着色和紙剪画道具剪画を楽しむグッズ
   お申し込み方法FAXフォーム(HTML)

写真  手順
[写真] 裏に茶色い紙の付いている熱圧着剪画和紙を、必要な大きさに切って、裏の茶色い紙をはがします。はがした紙はあとで必要になりますので、取って置いて下さい。茶色い紙をはがした方が和紙の裏側になります。
次に、ホチキスを使って熱圧着剪画和紙の表側の上に、下絵をとめます。
[写真] 下絵に従って剪画を切ります。
絵の内側のできるだけ細かい部分から切り始め、だんだん大まかな部分を切りましょう。
輪郭は最後に切り落として下さい。
[写真] 台紙の上に切った剪画の配置を決めます。
アイロンは中温にセットします。アイロンが暖まったら台紙に軽くかけて、紙に含まれた余分な水分を取ります。
次に、下から台紙、剪画、黒紙からはがした茶色の紙を順番にのてアイロンをかけます。
アイロンは100度で10秒程度が目安です。上から少し圧力をかけながら押さえるとうまく接着します。
[写真] アイロンをかけ終わった後は平らなところに置き、上からおもしを乗せて温度が下がるまで待ちます。
[写真] しばらくして取り出すと、台紙と剪画がピッタリと隙間なく接着した状態を確認することができます。
↑ページトップへ
Copyright(c) 2005 Senga Art & Space All rights reserved.Logo